現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る
商品コード:
outlet_AC-011

【アウトレット】ライティングキット KI-006

通常価格(税込):
14,389
販売価格(税込):
8,640
関連カテゴリ:
アウトレット
商品入れ替えのため、アウトレットとして販売します。
---
YN-560、YN-560用のライティングキットです。これ一つで6種類のライティングが楽しめます。(※本製品はキャノン社製ストロボ580EXでも使用できます。)
さらにソフトボックスにはホワイト以外に7色のカラーディフューザー、スヌートには2種類のハニカムグリッドが付いています。

特に、これからライティングの学習をしようと考えている方、雑誌や撮影技術書に書かれているライティングを試したい方にお勧めです。
申し訳ございませんが、只今品切れ中です。

6種類のライティングが楽しめます。

この製品に収録されているライティング機材は;

●ソフトボックス

ソフトボックス,オパライト,スヌート,バーンドアー,ドームディフューザー,グリッド,撮影セット,ビューティーディッシュ,写真撮影 ライト


ソフトボックスの特徴は、ストロボからの光を拡散させて、柔らかい光質にします。作例の写真で被写体の後ろの影が弱く写っています。
また、このソフトボックスには6色のカラーディフューザーが付属しており、光に色を付けると言ったテクニックも使えます。
(※こちらのソフトボックスは組み立てる際にコツが必要です。ソフトボックスに付いている「白い長いマジックテープ部分」を最後にするように組み立てるとスムーズに組み立てることができます。)

●スヌート(ハニカムグリッド2種類付き)

ソフトボックス,オパライト,スヌート,バーンドアー,ドームディフューザー,グリッド,撮影セット,ビューティーディッシュ,写真撮影 ライト


スヌートはストロボから照射される光に指向性を持たせます。
さらに先端にハニカムグリッドを付けることでより強い指向性を持たせることが可能になり、いわゆるスポットライトに近い光質を作ることができます。
また、ハニカムグリッド内のハニカム部分(格子状の網)のサイズが大きいとスポットライトのサイズも大きくなり、小さいと小さいスポットライトにすることができます。

●ハニカムグリッド

ソフトボックス,オパライト,スヌート,バーンドアー,ドームディフューザー,グリッド,撮影セット,ビューティーディッシュ,写真撮影 ライト


このハニカムグリッドは本製品付属のスヌートに取り付けるハニカムグリッドよりも大きなサイズのスポットライトが照射できます。
作例の被写体が小さいのでその違いがわかりづらいと思いますが、ポートレートや、大きめの被写体で使うと違いがわかります。

●バーンドアー

ソフトボックス,オパライト,スヌート,バーンドアー,ドームディフューザー,グリッド,撮影セット,ビューティーディッシュ,写真撮影 ライト


バーンドアーも照射する光に指向性を持たせますが、ハニカムグリッドほどはっきりとしておらず、表現の手段として被写体の影を強調したいときなどに使います。

●オパライト(ビューティディッシュ)

ソフトボックス,オパライト,スヌート,バーンドアー,ドームディフューザー,グリッド,撮影セット,ビューティーディッシュ,写真撮影 ライト


オパライトは被写体のコントラストを強調したいときに使われるライティング機材です。英語では「BeutyDish(ビューティディッシュ)」と言われているのですが、アパレルやヘアスタイル撮影、化粧品の広告写真で使われることが多いです。
また、円形なのでキャッチライト(人物撮影の時に人の目に写り込む光)も綺麗です。

●ディフューザー(ドーム型)

ソフトボックス,オパライト,スヌート,バーンドアー,ドームディフューザー,グリッド,撮影セット,ビューティーディッシュ,写真撮影 ライト


このドーム型ディフューザーは当店でも販売しているクリップオンストロボ用の小さなディフューザーよりもより柔らかく被写体の周辺に光を回らせることが可能です。
そのまま被写体に向けて使う使い方や、ストロボヘッドを立てて使うことで室内で撮影する際に被写体だけでなく、被写体の周囲にも光が回ります。少人数の集合写真でこちらを使うと均等に光が回ります。
ただ、サイズが大きめなのでその分光量も必要になります。

まずは原理原則を知ることから。

実際のライティング機材として使えばいろいろとクリエイティブな楽しみを見いだして頂けるライティングキットです。
ただ、それ以上にライティング機材、特にこれらの機材を使えばどういう光の性質なのかを学ぶ「教材」としても活用できます。
スタジオ用の大型機材もこの製品も原理原則は「同じ」です。雑誌や技術書で紹介されている代表的な機材はこの製品の中にほぼ入っていると思います。スタジオ用の機材との違いは「大きさ」であって原理は同じですから。


●お勧めする一番の理由

ごくまれにライティングの勉強をするのにモノブロックストロボを買われる方がいらっしゃいます。そのことを否定しませんが、それにすべてのライティング機材が揃っている訳でもありませんし、「モノブロックストロボの操作」は学べてもライティングを学ぶこととは違うと思います。それに本製品と同じライティング機材を揃えるとなるとかなりお金がかかると思います。
当店ではどういうライティング機材を使うとどういう結果が得られるか、ここからご自身の写真に生かして頂いた方が学習効果としては高いと思いますし、『撮るを楽しむ』ための近道だと考えています。

まずは本製品を「ライティング機材とはどういうものか」を体験して頂き、それからご自身の撮りたいイメージに合わせて機材を揃えるのが良いと思います。

製品仕様・同梱物

・ソフトボックス(ホワイト、他6色のカラーディフューザー付き)×各1ヶ
・スヌート(ハニカムグリッド2種類付き)×各1ヶ
・ハニカムグリッド×1ヶ
・バーンドアー×1ヶ
・オパライト×1ヶ
・ディフューザー(ドーム型)×1ヶ
・YN-560、YN-560用アダプター×1ヶ
(※本製品はキャノン社製ストロボ580EXでも使用できます。)
pagetop